顔を小さくする治療

看護師

注射で小さくなる

注射を投与するだけの美容皮膚科クリニックの小顔矯正は、気軽に受けられるのでとても人気です。顔立ちは一人一人違うので、注射で投与する成分は先生とよく話し合って決めることが大切です。脂肪が多い場合は小顔注射や脂肪溶解注射がおすすめです。どちらも自然由来の脂肪を分解する薬剤を投与する治療で、二重アゴの改善に効果があります。小顔注射の場合は一回の治療でも効果があり、翌日にはフェイスラインの変化を感じることができます。脂肪溶解注射は必要に応じて三回くらい投与するのがおすすめです。数ヶ月かけて緩やかに細くなっていきます。筋肉が発達しているタイプの顔の縮小に最適なのは、ボツリヌス菌を注射するボトックス注射です。エラが発達している部分にボトックス注射をすることで、筋肉が緩和されてきゅっと細くなります。そうすると正面から見た感じが別人のように小顔になります。ボトックス注射にはシワを解消する効果やハリを出す効果もあり、一度に沢山の美容効果を得られる矯正です。小顔注射や脂肪溶解注射などの小顔矯正は安全性が高いので副作用やダウンタイムはほとんどなく、体への負担は少ないです。ただ、注射をした当日は出来る限り早く家に帰宅して、安静に過ごすなどそれなりにいたわる必要があります。注射を投与した部分はしばらく腫れる場合があり、人によっては部分的に内出血を起こすことがあります。そうなった場合は患部を刺激しないように気をつけることが大切です。だいたい腫れや内出血は3日も経過すれば自然になくなります。ボトックス注射で小顔矯正をした当日も同じように、無理をしないで過ごし、早めに就寝するのがベストです。顔にボトックス注射をすると圧迫によって薬剤が分散してしまいます。なので就寝時には枕に顔を押し付けてのうつぶせ寝はNGです。患部を押しつけないように気をつけて、仰向けで枕を高めにして寝ると腫れがひきやすくなります。シャワーは当日からできますが、入浴やサウナは血流がよくなって腫れやすくなるので1週間は様子を見ることをおすすめします。