切らなくても大丈夫

女性

打ち方の上手い医師を選ぶ

贅肉やエラの筋肉肥大のほか、加齢による皮膚の下垂でも顔が大きく見えるなど、小顔を妨げる原因は多岐に渡ります。ですが骨格以外が原因なら、ボツリヌストキシン注射や脂肪溶解注射など、切らないプチ整形で小顔になれるため、手術が嫌な場合でも諦める必要はありません。ボツリヌストキシン注射は、エラの筋肉が肥大している人に有効な小顔矯正治療ですから、覚えておくと良いでしょう。さらに、ボツリヌストキシン注射は、浅く打って筋肉の表面に作用させれば、たるんだ肌を引き締めて小顔にしてくれます。それに対し、脂肪溶解注射は贅肉を分解することで、ほっそりした顔にする小顔矯正治療です。同種の治療には脂肪吸引もありますが、こちらは外科手術ですので、メスを使うのが嫌なら選択肢から外した方が良いでしょう。また、脂肪溶解注射なら脂肪吸引では不向きな団子鼻も改善できるため、顔のバランスを整えながら顔を小さくしたい時にも最適です。もしも治療を受ける際は顔専用の脂肪溶解注射を選ぶと良く、通常タイプより赤みや腫れが少ないのでダウンタイムを短縮できます。打てば良いという訳でもなく、ボツリヌストキシン注射は筋肉量に対して、正しい注入量で治療する必要があります。打つ量が足りなければ小顔矯正効果は低く、打つ量が多ければ、今度は副作用の心配が出てくるのです。ですからこの治療を希望する時は、現在までに沢山の患者を治療してきたドクターを選択しましょう。そして、治療経験数を基準に申込先を選ぶことは、脂肪溶解注射でも同様です。この小顔矯正注射は薬剤に問題がなくても、打ち方次第で効き目が違ってくるケースも少なくありません。そこで選び方のポイントになるのが、脂肪吸引手術を得意にしている医師を選ぶことです。脂肪吸引は脂肪層を均一に整えて仕上げる必要があり、ドクターに高い治療精度を要求します。しかも脂肪の特性を熟知した上で、デザインセンスもなければ綺麗に仕上がらないなど、美容整形施術の中でも難易度は上位クラスです。ですから、この手術に熟達している医師を選んでおけば、脂肪溶解注射でも納得の出来栄えが望めるようになっています。