スリムな顔立ちを実現する

診察

施術のスケジュールに注意

美容整形が取り扱う小顔矯正は、外科的手術や脂肪溶解注射により顔を実際に小さくできます。しかし美容整形である以上、気をつけたい事柄もあるため知っておく必要があります。例えばその1つが、以前に別の美容整形を受けた場合はしばらくは小顔矯正ができないという点です。二重まぶた埋没法や鼻シリコンプロテーゼなどの施術が該当します。施術が可能となる期間は個人差もあるため、医師と相談して時期を決定します。もし小顔矯正以外にも美容整形施術を受ける予定がある場合は、どちらを先に受けると良いか医師からアドバイスをもらうのが妥当です。また別の気をつけたい事柄として、ダウンタイムの長さについて知っておくことです。小顔矯正は術式も複数あり、ダウンタイムもそれぞれ異なります。例えば結婚式に備えて小顔矯正をする場合、ダウンタイムは当然それよりも短い期間でないと式に間に合いません。最高の美容効果を引き出すためにも、自分の予定とも相談した上で施術のスケジュールを決めることが理想的です。小顔になりたいと考えて、美容整形で小顔矯正する人の目的や考えは様々です。例えば実利的なメリットを考えて小顔矯正を受ける人もいます。例を挙げるとメイクに掛かる時間の節約もその1つです。矯正によって肌のリフトアップや引き締め効果が得られるため、シワやたるみの解消効果も望めます。普段からファンデーションなどを使ってそれらをケアしている場合は、その手間からも解放されるため肌の悩みを抱える人にとっては特に嬉しい美容効果と言えます。また容姿面のコンプレックスの解消を目的として施術を受ける人もいます。小顔美人といった言葉もあるように、顔は大きいよりも小さい方が良いと思う人は少なくありません。顔の大きさを切実な悩みとする人には、小顔矯正はコンプレックスを無くして、前向きに生きるための現実的な解決策として利用されています。特に女性に多い小顔矯正を受ける目的として、ダイエットも挙げられます。顔の部位の中でも頬やアゴは比較的皮下脂肪の付きやすい所です。脂肪吸引や脂肪溶解注射による小顔矯正でスリムなフェイスラインを実現できるため、美容とダイエット効果を両立できます。